働くあなたを全力さぽーと
平日9:00~17:30(土日休) TEL011-221-3984
  • 各種申込フォーム
  • 各種書式ダウンロード
  • menu

福利共済に関する質問

福利共済制度

Q1.さぽーとさっぽろの福利共済は、どのような内容ですか?

従業員等の福利厚生として、大きく分けて3つの事業を行っています。
①慶弔金贈呈事業……ライフステージに合わせて結婚、出産祝いなど10項目の慶弔金の贈呈
②融資あっせん事業……生活向上のための資金や学資費用などの目的に応じ3種類の融資あっせんを行っています
③余暇活動などの支援事業……余暇活動の充実、健康づくりやレクリエーション、趣味や教養など多彩な事業を行っています

Q2.余暇活動などの支援事業はどのように区分されますか?

余暇活動などの支援事業は大きく4つに区分できます。
①旅行・趣味・レクリエーション(旅行ツアー助成、映画観劇などチケット助成、娯楽施設助成、クラシックコンサート鑑賞)
②スポーツ(各種スポーツ大会、大会参加助成、施設利用助成)
③自己啓発・表彰支援(経営セミナー、フレッシュマンセミナー、料理教室などの助成や永年勤続者・事業主等への記念品贈呈)
④健康の維持・管理(人間ドック・法定健診・インフルエンザ予防接種などの助成)

Q3.スポーツ事業には、どのようなものがありますか?

さぽーとさっぽろが主催する野球大会、こどもスポーツ教室、ゴルフ大会、パークゴルフ大会に参加できます。札幌マラソン大会や札幌国際スキーマラソン大会などに割安で参加できます。プール、体育館、スポーツクラブ、ボウリング場、ゴルフ場、スキー場などの施設を割安で利用できます。

Q4.レクリエーション事業には、どのようなものがありますか?

円山動物園、おたる水族館、くだもの狩りなど札幌市内、近郊および道内の娯楽施設を割安で利用できます。また、さぽーとさっぽろが主催する演芸会、クラシックコンサートなどを無料で鑑賞できます。映画館、各種コンサート、美術展、ファイターズやコンサドーレなどのチケットを割安で購入できます。

Q5.趣味・教養の事業には、どのようなものがありますか?

個人向けの知識、教養や趣味を広げるためのガーデニング、パソコンなどのセミナーを割安で受講できます。料理や手工芸など気楽に学べる講座に割安で参加できます。このほか企業経営者向けのビジネスや経営、新入社員向けのセミナーなどがあります。

Q6.健康管理の事業には、どのようなものがありますか?

人間ドック3コース(1泊2日、日帰り、パブリック)、健康診断3コース(基礎健診、法定健診、基礎健診+胃がん検診)や、身体の部位ドック(心臓、脳、大動脈・血管)、がん検診(大腸、肺、乳、子宮、PET)のほか、インフルエンザ予防接種を割安で受診できます。

Q7.そのほかの事業にはどのようなものがありますか?

30年、40年勤務している従業員や事業主等に記念品を贈呈します。また、約400店舗のサービス業、小売業の割引指定店と提携していますので、一般より割安な料金で幅広い施設の中から利用できます。

Q8.福利厚生は会社にとってどのような意味をもつのですか?

事業主等が従業員の福利厚生は大切なことだと認識していても、一社で充実したメニューをもつことは、手間もコストもかかり、大変なことです。そこで、さぽーとさっぽろの幅広い福利制度を利用することで、従業員に安心感を与えられるとともに企業との信頼関係や勤労意欲の向上につながるなど、さぽーとさっぽろの制度を利用していない企業との間に大きな違いが出てきます。

Q9.特に多くの人に利用されている事業は何ですか?

家族ぐるみで利用できる「利用助成券」です。この券は毎年4月に会員に40枚ずつ配布されます。この券で市内映画館や道内の100か所を超える娯楽施設などが割安な料金で利用できます。会員からは安くなった分を昼食代などにまわせると大変好評を得ています。

慶弔金

Q1.慶弔金贈呈事業について、具体的に教えてください。

お祝金
①成人5,000円
②結婚20,000円もしくは30,000円(当センター加入年数による)
③出産20,000円(多生児の場合、人数分ご請求いただけます)
④お子様の小・中学校入学時に10,000円
⑤還暦10,000円
⑥銀婚(結婚満25年)・金婚(結婚満50年)で20,000円もしくは30,000円

慰労金
⑦同一企業に継続して5・10・15・20年勤務したとき、年数に応じて永年勤続慰労金5,000円・10,000円・15,000円・20,000円 ※個人事業主、法人代表者を除きます。

お見舞金・弔慰金
⑧傷病20,000円
⑨災害の程度により10,000円・30,000円・50,000円
⑩ご本人・ご家族(配偶者、血族1親等及び同居の義親)死亡の際、該当事由に応じて10,000円・20,000円・30,000円・50,000円

以上、充実の10項目をご用意しております。
いずれも慶弔事実が発生したときに、請求により、さぽーとさっぽろから企業に振り込まれた慶弔金を、事業主等から該当社員に贈呈していただきます。
ご夫婦ともに会員の場合、結婚・出産・入学・銀婚金婚の各祝金と災害見舞金は、お二人それぞれからご請求いただけます。

Q2.添付書類はコピーでも大丈夫ですか?

原本指定の書類以外はコピーでも結構です。複数ページに及ぶ書類の場合、すべてのページをコピーしてください。(原本指定…結婚祝金の招待状、会員本人死亡時の戸籍謄本)

Q3.請求期限はいつまでですか?

該当日から1年以内(翌年の前日まで)です。なお、請求時に会員であることが必要です。また、結婚(退職後2ヶ月以内の結婚)、出産(退職後3ヶ月以内の出産)により退職された場合は、退職日から1年以内が請求期限になります。

Q4.結婚祝金や出産祝金の請求の際、変更届の提出(姓や家族登録)も必要ですか?

不要です。慶弔金の請求に伴う変更はセンターにて行います。

Q5.結婚祝金を請求する際、新姓・旧姓どちらを記入するのですか?

新姓をご記入ください。また、印鑑も新姓のものを押印ください。

Q6.請求書の本人の捺印はシャチハタ印でも大丈夫ですか?

シャチハタ印(スタンプ式のゴム印)以外の捺印をお願いします。

Q7.請求書はどこでもらえるのですか?

ホームページから印刷いただけます(書式ダウンロード)。また、会社にお配りした「事務の手引」にも様式を載せています。

旅行・宿泊

Q1.利用回数の制限はありますか?

保養施設は全施設合計でお一人様1年度に2回(2泊)までご利用可能です(連泊の場合2回と数えます)。リゾートホテルも保養施設と同様です。なお、会報誌に記載の温泉宿泊パック・道内シティホテルは、各ホテル1年度に1回(1泊)までご利用可能です。

Q2.宿泊日や人数、利用者を変更したい場合はどうすればよいですか?

予約先(旅行会社またはホテル)および当センターまでご連絡をお願い致します。

利用助成券

Q1.再発行や追加発行はできますか?

おひとり様1年に1冊のみお渡ししております。紛失された場合でも再発行はできませんのでご了承ください。

Q2.利用できる対象者は誰ですか?

会員ご本人様および同居のご家族(センターに登録している方)のみです。

健康管理

Q1.受診日や病院を変更したい場合はどうすればよいですか?

お手数ですが、さぽーとさっぽろまでお知らせください。

Q2.インフルエンザ助成は家族も対象になりますか?

会員ご本人様のみ対象です。

Q3.家族が利用できるメニューはありますか?

人間ドック、乳がん検診、子宮がん検診です。

融資あっせん

Q1.融資あっせん事業の種類について具体的に教えてください

3種類の会員向けの融資あっせん制度があります。
①文化厚生資金(結婚、出産、医療、生活物品の購入等)
②奨学資金(高校、専修学校、大学への入学、修学)
③マイカー購入資金
いずれも低金利で融資あっせんが受けられます。

Q2.申込はどのようにしますか?

まずは申込フォームまたはお電話にて申込書をご請求ください。申込フォームはこちら

Q3.申込の流れを教えてください。

申込書と詳しい案内文をお送りしますので、必要書類を添えて返送ください。融資あっせん決定した場合、あっせん通知書をお送りしますので、銀行窓口にて融資のお申込みをお願いします。なお、当センターはあっせんのみであり、融資の可否は銀行が判断しますのでご了承ください。

Q4.毎月の返済額や保証料はどのくらいですか?

詳しくはご希望の銀行(北洋・北海道)の支店窓口にお尋ねください。

会員情報誌

Q1.会員情報誌は年に何回発行されていますか?

年5回発行しております。(1月、4月、6月、8月、10月)

利用券の受取り

Q1.利用券は自宅宛に送ってもらえますか?

送付先はご登録の会社住所に統一させていただいております。なお、センター窓口での受け取りも可能です。